文字サイズ

誠也が反撃の2戦連発7号ソロ チーム初安打初得点 西川も犠飛

 4回、ソロを放ちナインとタッチを交わす広島・鈴木=鹿児島・平和リース球場(撮影・飯室逸平)
3枚

 「巨人-広島」(16日、平和リース球場)

 広島が4点を追う四回に、鈴木誠也外野手の2試合連続の7号ソロをきっかけに2点を返した。

 先頭の鈴木が巨人・山口の2球目、外角直球を振り抜き右中間スタンドへ運んだ。チームは三回まで無安打だった中での、反撃の2試合連続弾。「しっかり捉えることができました。まずは1点返せて良かったです」とコメントした。

 その後1死からバティスタの四球や安部の二塁打などで満塁の好機。ここでジョンソンの代打・西川が中犠飛を放ち2点目を奪った。「最低限の仕事ができて良かったです。(三走の)バティスタ、ナイスラン」と振り返った。

 ジョンソンは3回4失点で降板。四回からアドゥワがマウンドに上がった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス