文字サイズ

ハイレベルな助っ人争い 左腕レグナルトは圧巻の3者三振!

9回、広島・石原慶幸(右)と勝利のタッチを交わすを広島 カイル・レグナルト=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
1枚拡大

 「オープン戦、広島5-1日本ハム」(13日、マツダスタジアム)

 広島は助っ人勢がアピール合戦を繰り広げた。

 野手では5番起用のバティスタが2安打1打点。メヒアとの争いで、しっかり存在感を示した。

 投手陣はリリーフの3投手がそろって1回を無失点に抑えた。

 まずは昨季加入した変則右腕、ヘルウェグが六回から登板。2四球を与えて1死一、三塁のピンチを招いたが、近藤を三ゴロ併殺に仕留めた。

 八回からはフランスア。昨季大ブレークした左腕は安定感抜群で、浅間、谷口から2三振を奪って三者凡退。わずか10球で3つのアウトを奪った。

 九回は新助っ人左腕のレグナルトがマウンドへ上がった。150キロの速球、鋭く曲がるカーブなど緩急を駆使。谷内、石川、横尾から圧巻の3者連続見逃し三振を奪い、試合を締めくくった。

 助っ人投手陣は実績十分のジョンソン、新助っ人ローレンスも含めて5人体制。3枠を巡って、ハイレベルな争いとなっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス