文字サイズ

カープ球団「安全を優先」想定を超える約5万人 警察やJRからも苦情

マツダスタジアムに長蛇の列ができた
3枚

 広島カープの今季公式戦の入場券購入のために必要な抽選券の配布が途中で打ち切られたことについて、同球団の島井誠・入場券部長は25日、球団事務所で状況説明を行った。

 約5万人が抽選券を求めて列を作ったことに「想定の2、3倍だった」と説明。警察やJRからも「なんとかしてほしい」という連絡が入ったといい、当初の配布時間よりも1時間20分早い、午前9時40分から抽選券の配布を開始したという。

 「そうしないとあれ以上、膨らんでしまうので、早めに配ることにした。待たれた方には大変申し訳ないんですが、何を優先するかといった時に安全を優先させてもらった」と釈明した。

 球団が想定していた人数については、球場内のコンコースが約1万人、コンコースへつながるスロープ(プロムナード)が5000人強だったが、その想定を大きく上回る人が詰めかけ、行列は広島駅まで伸びた。さらに動線に想定していなかった球場東側にも列ができた。抽選券は約5万枚を用意していたというが、事故や混乱を避けるため、途中で配布を中止した。

 「午前10時ぐらいまでは良かったんですけど、そこからの反省点が多いですね。抽選なので転売屋も簡単には買えないはずだし、(何日も前から並ぶ)テント村も一切なかったですから、それまではもくろみ通りだったんですが」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス