文字サイズ

沖縄キャンプ 新ブルペン使用へ 最大5人同時に投球可能 昨年3月に完成

 広島が2月15日からの沖縄キャンプで新しいブルペンを使用する。コザしんきんスタジアムがあるコザ運動公園内に、総工費6000万円をかけて昨年3月に完成したもの。最大で5人が同時に投げられる。

 2月の沖縄は雨が多いため、設計は雨対策に力が入れられた。ブルペンの屋根は高すぎれば風などの影響を受け、低すぎれば投手に圧迫感が出る可能性がある。設計者は球団関係者と話し合いを重ねて天井高を3メートルとした。

 またブルペンは両側が網になっているのが特徴。沖縄市関係者は「ファンの人も見やすくなっています」と説明した。同運動公園は12年から改修工事に着手。14年に同スタジアムが完成し、昨年は屋内練習場ができていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス