文字サイズ

矢崎 加藤改め心機一転で17年以来の1軍へ 佐々岡コーチ熱視線の中…気迫34球

 今季登録名を加藤から変更した広島・矢崎拓也投手(24)が19日、廿日市市内の大野練習場で行われている合同自主トレに参加。ブルペンで今年初めて捕手を座らせて34球を投げ込んだ。佐々岡投手コーチが視線を送る中、順調な調整ぶりをアピール。春季キャンプでは第1クールに予定されている打撃投手から存在感をアピールし、17年以来の1軍となる開幕1軍を目指していく。

 抜群の威力を持った白球が、矢崎の右腕から何度も解き放たれた。今年2度目、捕手を座らせては初めてのブルペンで直球にフォークを交え34球。「悪くなかったと思います」とうなずき、視察した佐々岡投手コーチも「どうすれば低めにいくかとか、下の使い方も試行錯誤してきた。今日も意識してるように見えた」と評価した。

 実のあるオフを過ごしてきた。「ゾーンに入らないと話にならないし、課題なのでそこと向き合った」。秋季キャンプで明るい兆しを見せた制球難の改善へ、現在は投球時に右腰、右股関節が前に出るように植え付けている。また、体重も93キロから4キロ減量し「ゆっくり食べるようにしました。軽い方が力が出る」と納得顔だ。

 1年目の17年はプロ初先発初勝利を挙げるなど7試合に登板したが、昨季1軍登板なし。開幕1軍へ「まず目の前のことをしっかりやっていく」と話す。春季キャンプでは第1クールから打撃投手としての登板機会があり、主に当落線上の投手が登板する予定。矢崎も登板有力で「いい状態で投げないと話にならない」とアピールへ表情を引き締めた。

 登録名は加藤から昨年1月の結婚を機に変わっていた矢崎に今季から変更し、心機一転。「僕らしく頑張ります」とはにかんだ。チームに貢献するべく、背番号13の闘志は燃え続けている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス