文字サイズ

丸 慰留へ広島複数年提示 松田オーナー「いなくなったら困る」松山にも提示か

 広島・松田元オーナー(67)が4日、取材に応じ、今季国内FA権を取得した丸佳浩外野手(29)を複数年契約で慰留していることを明かした。「誠意を込めて。主力選手だし、人格がしっかりしている。いなくなったら困る」と説明。球団では異例となる宣言残留も認める方針を示した。

 同じく国内FA権を取得した松山については「キャラクターとして好き。いるだけで心が和む」と評価。来季も必要な戦力として、こちらも複数年契約で慰留しているとみられる。

 また、34年ぶりの日本一を逃した日本シリーズを振り返り、「あれだけ守備力が高いとは夢にも思わなかった。隙がなかった」とソフトバンクの戦いぶりを称賛した。日本一の夢こそ破れたが、「新しい目標ができた。(ソフトバンクは)育成から育ててきたチーム。うちも育てていかないと」と語っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス