文字サイズ

“甲斐キャノン”に5回連続で屈す セーフかと思いきや…リクエストで覆る

1回、二盗に失敗した広島・田中広輔=マツダスタジアム(撮影・棚橋慶太)
1回、リプレイ検証を要求するソフトバンク・工藤監督=マツダスタジアム(撮影・堀内翔)
1回、広島・田中広輔の二盗を刺したソフトバンク・甲斐=マツダスタジアム(撮影・棚橋慶太)
3枚3枚

 「日本シリーズ・第6戦、広島-ソフトバンク」(3日、マツダスタジアム)

 広島の“足”がまたも“甲斐キャノン”に屈した。

 初回に左前打で出塁した田中広輔内野手が1死後、3番・丸の打席の3球目でスタート。二塁塁審の判定はセーフで、第6戦にして初の盗塁成功かに見えた。

 しかし、ソフトバンク・工藤監督がリクエスト。リプレー検証の結果、判定がアウトに覆った。これで甲斐に対しては5連続盗塁死となり、今シリーズ7度盗塁を企図しすべて失敗と自慢の機動力が封じられている。

 甲斐はシーズンで12球団トップの盗塁阻止率・447。捕ってから投げるまでの早さ、コントロールを含めた強肩ぶりから“甲斐キャノン”の異名をとった。

 第4戦までの4連続盗塁刺は52年の広田(巨人)、58年の藤尾(巨人)に次いで60年ぶり3人目のタイ記録だった。1日の第5戦では広島は足で仕掛けてくることはなく、新記録はお預けとなっていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス