文字サイズ

昇格即先発出場のメヒアが同点弾 打線が五回に阪神・メッセを攻略

5回、同点2ランを放つメヒア(撮影・飯室逸平)
2枚

 「広島-阪神」(3日、マツダスタジアム)

 1軍に上がったばかりの広島・メヒアが一振りで試合を振り出しに戻した。四回までは1四球無安打に抑え込まれていた阪神・先発のメッセンジャーから、五回先頭の鈴木が左前打を放つと、「5番・一塁」で先発したメヒアが高めの直球を左翼席へとライナーで運んだ。

 広島打線は、今季11勝7敗の右腕に対して、初回に先頭の田中が四球で出塁したが盗塁失敗。この回を3人で終了すると、その後鈴木の安打までひとりの走者も出すことができていなかった。

 五回はさらにヒットの安部を一塁に置いて、会沢が左中間へのタイムリー二塁打を放ち、勝ち越しに成功した。

 先発の九里は初回にナバーロの2点適時打で先制を許したが、その後は五回を投げ終えて無失点と踏ん張っている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス