文字サイズ

新井がミスを帳消し 逆転の4号3ラン 吉川光からバックスクリーンへ

6回、逆転3ランを放ちベンチ前でナインに囲まれ笑顔をみせる広島・新井貴浩=東京ドーム(撮影・棚橋慶太)
6回、逆転3ランを放つ広島・新井貴浩=東京ドーム(撮影・棚橋慶太)
6回、逆転3ランを放ちガッツポーズする広島・新井貴浩(左は巨人・阿部慎之助)=東京ドーム(撮影・棚橋慶太)
3枚3枚

 「巨人-広島」(29日、東京ドーム)

 広島のベテラン、新井貴浩内野手が逆転の4号3ランを放った。

 1-2で迎えた六回、2四球でもらった一、二塁の好機。巨人の先発左腕、吉川光の低めのストレートをバックスクリーンへと運んだ。「5番・一塁」で7月24日・阪神戦(甲子園)以来のスタメンで勝負強さを示した。

 初回の守備で先制点献上につながる2失策を犯していたがバットで取り返した。

 新井は「打ったのはストレート。初回に自分の守備のミスから失点してしまったので、何とかこの試合の中で取り返したいと思っていました」とコメントした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス