文字サイズ

西川、プロ初の1番起用に2安打で応える 7番の田中も2安打3打点と奮起

4回、丸の適時打で三塁を回る二走・西川
1枚拡大

 「DeNA7-9広島」(19日、横浜スタジアム)

 広島・西川龍馬内野手がプロ初の「1番」で先発し、5打数2安打1打点1四球。一方、2試合連続で“指定席”の「1番」ではなく「7番」で先発した田中広輔内野手も4打数2安打3打点と躍動した。

 西川は一回、先頭で「緊張した。初球を打つことは練習の時から決めていた」と今永の初球をいきなり右中間二塁打し、その後の丸の先制2ランにつなげた。四回1死走者なしでは四球で出塁し、7-2の七回2死一、二塁でも中前適時打と、いずれも得点に絡んだ。

 田中は2-0の一回2死一、二塁で中堅フェンス直撃の2点適時二塁打を放つと、七回は中前打、八回1死満塁では中犠飛をマーク。「結果が出たので、続けていきたい」と試合後、振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス