文字サイズ

松山 藤川から同点犠飛「気持ちで持っていきました」

 8回、左へ同点犠飛を放つ松山(撮影・田中太一)
3枚

 「阪神-広島」(16日、京セラドーム大阪)

 広島が持ち味の粘り強さを見せた。1点を追う八回。セットアッパー藤川を攻め、1死満塁とすると、松山が同点左犠飛を放った。

 松山は「打ったのはストレート。3塁ランナーがキク(菊池)だったので、外野フライを定位置まで飛ばせば何とかなると思って打席に入りました。気持ちで持っていきました。最低限の仕事が出来て良かったです」と振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス