文字サイズ

石原、ヤクルト・バレンティンのバットが頭部直撃 担架で退場し、救急搬送

1回、ヤクルトのバレンティンの空振りしたバットが当たり担架で運ばれる石原=神宮球場(撮影・堀内翔)
3枚

 「ヤクルト-広島」(2日、神宮球場)

 広島の石原慶幸捕手(36)が初回、バレンティンの空振りしたバットを後頭部に受けて負傷退場した。

 2死一、三塁の打席。1ストライクから2球目、内角低めのカーブをバレンティンが強振した。そのフォロースルーのバットが頭部を直撃。石原はその場で倒れて動けなくなった。トレーナー、コーチらが集まる中、石原は起き上がることができず、担架に運ばれてベンチに退いた。会沢が代わってマスクをかぶった。

 石原はそのまま、救急車で都内の病院に搬送された。球団関係者によると、意識はあるという。

 バレンティンは7月24日の中日戦(ナゴヤドーム)でも、杉山翔大捕手(25)の頭部にバットを直撃させ、病院に救急搬送させるアクシデントを起こしたばかりだった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス