文字サイズ

延長十回粘るDeNAを振り切る 高橋樹プロ初セーブ「素直にうれしい」

 プロ初セーブを挙げた高橋樹(右)は笑顔でナインと喜び合う(撮影・中田匡峻)
3枚

 「DeNA5-6広島」(5日、横浜スタジアム)

 広島が2度追い付かれながらも、延長戦で粘るDeNAを振り切った。

 二回にバティスタの適時二塁打、三回に菊池と鈴木にソロ本塁打が出て3点を先行した広島。しかし五回に3点を返され、試合は振り出しに。

 六回に安部のソロ本塁打で再びリードすると、九回には菊池の適時打で2点差に広げた。しかし100セーブに王手をかけていた守護神・中崎が2点を奪われ、試合は延長戦へ。

 迎えた延長10回1死一、三塁から西川の二ゴロが併殺崩れとなる中で、1点を勝ち越した。最後は7番手として高橋樹がDeNAの反撃を封じた。

 高橋樹はプロ初セーブ。先頭のDeNA・田中浩が三塁・安部のエラーで出塁したが、「野手が取ってくれた点なので、野手がエラーしても自分が抑えてやると思って投げた」と無失点で試合を締めた。「素直にうれしい」。花巻東高から2015年ドラフト3位で入団した3年目は初セーブの喜びをかみしめた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス