文字サイズ

キラーの岡田が巨人戦今季初黒星「ストライク先行ができなかった」 

 「巨人6-4広島」(8日、東京ドーム)

 反省が残るマウンドだった。広島・岡田が4回9安打6失点(自責5)で3敗目。試合前まで巨人相手に通算10戦6勝1敗(今季2勝)だったが、Gキラーぶりをこの日は発揮できず「ストライク先行ができなかった。(コースを)狙うことを意識しすぎた」と肩を落とした。

 1-0の二回2死一、二塁で投手の今村に中前適時打を許すと、悪夢は1点リードの四回だった。2四球で2死一、二塁とされると、吉川尚に左翼線へ逆転の2点二塁打を献上。味方の失策もあり1点を追加されると岡本に外角高め直球を右中間席へ2ラン被弾。一挙5点を奪われ、この回限りでベンチへと退いた。

 前日から「一発がある打線」と警戒していたものの、相手4番に痛恨の一発を浴びてしまった右腕。「野手の方が点を取ってくれた次の回で失点をしてしまったのが反省です」。自身がそう振り返るように、失点はいずれも味方の得点直後。抑えるべきイニングで、流れを止めてしまう形となった。

 緒方監督は「今日はコースにしっかり投げ切れていなかった。捉えられていたね」と厳しい表情を浮かべた。9日からの阪神3連戦が中止となったことで、この日が前半戦最終戦。そこで白星へ導く快投はできなかったが、修正をきっちり施し後半戦へ臨みたい。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス