文字サイズ

丸、鈴木が連続適時打 点差を4に広げる

5回広島、1死一塁、適時二塁打を放つ広島・鈴木誠也=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
2枚

 「広島-ヤクルト」(4日、マツダスタジアム)

 広島が丸佳浩外野手と鈴木誠也外野手の連続適時打でリードを広げた。

 2-0で迎えた五回1死三塁だ。まずは丸が右前適時打を放った。「打ったのはカットボール。当たりは良くなかったけど、何とか気持ちで持って行きました」。前進守備の一、二塁間を破った。

 1死一塁から鈴木もカットボールを捉え右中間へ運んだ。「良い流れに乗って打つことができました。何とかつなげてランナーを帰すことができて良かったです」。

 この回は、1番・田中の左前打と相手ミスから好機を築いた。主軸の勝負強い打撃で確実に得点を奪った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス