文字サイズ

高橋昂がプロ初黒星 2度目の登板も初勝利ならず「甘い球が全部ヒットに」

4回、広島・アドゥワ 誠(左)と交代する広島・高橋昂也=ZOZOマリン(撮影・出月俊成)
2枚

 「交流戦、ロッテ7-3広島」(2日、ZOZOマリンスタジアム)

 広島・高橋昂也投手が先発し、四回途中8安打4失点でプロ初黒星を喫した。

 初回は1死一、二塁で角中に左前適時打を浴び、先制点を献上した。四回には先頭の井上に右越えソロを被弾すると、1死二、三塁から藤岡裕に中前へ2点適時打を放たれ、交代を告げられた。

 プロ初登板初先発だった4月4日・ヤクルト戦以来の1軍マウンドだったが、結果を残せず。中継ぎの層を厚くするためにも、今後は出場選手登録を抹消される。高卒2年目左腕は「甘い球が全部ヒットになってしまった。課題が出たことが収穫」と振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス