文字サイズ

岡田 粘り切れず今季初黒星「最少失点で切り抜けたいと思ったが…」

6回、松井雅の遊ゴロの間に三走・福田が生還し、3点目を許す岡田(撮影・吉澤敬太)
2枚

 「中日5-2広島」(16日、ナゴヤドーム)

 広島の岡田明丈投手が6回4安打3失点(自責点1)で今季初黒星を喫した。

 初回、大島に四球を与えると二盗を決められ無死二塁。京田に右中間を破られる適時二塁打を浴びて先制点を与えた。

 二回以降はスコアボードに「0」を並べるが、0-1の六回に無死満塁のピンチを迎え暴投で失点。さらに福田に中前適時打を許して、この回2点目を献上した。

 「最少失点で切り抜けたいと思っていたんですが…」。粘りきれなかった投球に悔しさをにじませた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス