文字サイズ

広島が6連勝逃す 早めの継投もリード守れず 一岡が延長で痛恨の一発浴びる

延長10回阪神、ロサリオ(中央)に2ランを打たれ、ぼう然とする広島・一岡(撮影・飯室逸平)
1枚拡大

 「広島2-4阪神」(30日、マツダスタジアム)

 広島が逃げ切りに失敗し、今季初の6連勝を逃した。

 二回、1死から高橋大、会沢の連打で1死二、三塁。2死後、満塁から菊池の押し出し四球で先制した。

 五回には菊池の中前打とショート・植田の失策で無死一、三塁とし、鈴木の三ゴロの間に2点目を挙げた。

 先発の薮田は四回まで1安打無失点も五回に7つ目の四球を与えたところで、早くも薮田をあきらめて2番手のアドゥワにスイッチ。そのアドゥワを六回に11試合目で初めて失点すると、七回にはセットアッパーの今村が2死無走者から糸井に適時打を浴び、追いつかれた。

 九回2死満塁と、サヨナラ機をつかんものの、あと一本が出なかった。最後は十回に6番手の一岡が阪神・ロサリオに痛恨の一発を浴びた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス