文字サイズ

初回いきなり打者9人3得点 安部「覇気が伝わったのかな」

1回、犠飛を放つ広島・鈴木誠也=横浜スタジアム(撮影・棚橋慶太)
1回、適時打を放つ広島・松山竜平=横浜スタジアム(撮影・棚橋慶太)
2枚2枚

 「DeNA-広島」(26日、横浜スタジアム)

 敵地で3連勝を狙う首位の広島が鮮やかな先制攻撃を見せた。

 DeNAの先発、ドラフト1位ルーキー・東に初回から襲いかかる。先頭の田中が中前打で出塁すると、菊池も遊撃内野安打で続く。丸が四球を選び、いきなり無死満塁のチャンスをつくる。ここでこの試合4番に起用された鈴木が左翼へ犠飛を放ち、あっさり先制した。松山が中前適時打を放つと、安部も直球をはじき返す左前適時打で続いた。

 初回から打者9人を送り込み、3点を奪った。鈴木は「打ったのはチェンジアップ。打ち損じたけど、最低限の仕事ができてよかったです」と話した。安部は「甘い球を積極的に打ちにいけました。少し詰まったけど、良い所に落ちてくれた。覇気が伝わったのかな」と汗をぬぐった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス