文字サイズ

安部の絶妙バントから七回一挙5点のビッグイニング

 7回、猛打賞となる絶妙なバントを決める安部
2枚

 「中日-広島」(20日、ナゴヤドーム)

 広島が2-4の七回、一挙5得点し試合をひっくり返した。

 先頭の堂林が左中間への二塁打で出塁すると、二回に1号ソロを放った安部が意表を突いたセーフティーバントで内野安打をゲット。無死一、三塁と好機を広げた。会沢が一飛に倒れたものの、代打・鈴木が四球を選びすべての塁が埋まった。

 1死満塁から田中の右前2点適時打で4-4の同点。続く菊池が5-4とする左中間への勝ち越し適時二塁打を放った。中日守備陣の中継プレーが乱れる間にもう1点を追加。バティスタも左犠飛を放ち、この回打者9人で5点を奪った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス