文字サイズ

広島が連日の2桁安打で開幕2連勝 先発のジョンソンが投打で活躍

力投するジョンソン=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
3枚

 「広島6-2中日」(31日、マツダスタジアム)

 広島が連日の2桁安打で開幕2連勝を飾った。

 1点を追う四回、中日の先発、新助っ人右腕、ジーを捉え、1死二、三塁から松山の犠飛で同点とすると、さらに2四死球で満塁とし、石原が左前適時打を放ち、逆転に成功。投手のジョンソンも右前への2点適時打で続き、この回4点を奪った。五回には丸の1号2ランで加点し、リードを広げた。

 先発ジョンソンは7回を6安打1失点の好投で今季初登板初勝利。お立ち台に上がった左腕は「チームはいい状態。とにかくストライク先行で投げた。得点をしっかり取ってくれたので勝ちがつくように投げた」と振り返った。さらにバットでも存在感を示し、「非常にラッキーでしたね。うまく野球の間を抜けてくれてくれた」と笑っていた。

 中日は先発の新助っ人、ジーが6回9安打6失点と期待に応え得られず。打線では京田が3安打と気を吐いたが、得点は福田、アルモンテのソロ本塁打による2点にとどまった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス