文字サイズ

藤浪 六回途中4失点で無念の降板 4点リードを守り切れず

今季初先発で力投する阪神・藤浪晋太郎=東京ドーム(撮影・西岡正)
6回途中、ベンチから試合を見つめる阪神・金本監督。左は降板する藤浪=東京ドーム(撮影・堀内翔)
5回、好守備を見せた阪神・福留孝介にグラブを掲げて礼を言う阪神・藤浪晋太郎=東京ドーム(撮影・出月俊成)
3枚3枚

 「巨人-阪神」(31日・東京ドーム)

 先発した阪神・藤浪は5回0/3を6安打4失点で無念の降板となった。

 五回まで粘りの投球で2失点と踏ん張っていたが、六回に突如として乱れた。先頭の岡本にこの日3本目の安打を浴びると、そこから連続四球。無死満塁のピンチを招いた。

 代打・阿部が登場したところで香田投手コーチがマウンドへ。ここで交代を告げられた。後を受けた岩崎が2点を奪われ同点となり、藤浪の勝ち投手の権利は消滅した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス