文字サイズ

坂倉に侍・稲葉監督がコイをした「これから野球界背負う捕手になる」

 広島・坂倉将吾捕手(19)が3日、未来の日本代表入りへ強い意欲を示した。宮崎県日南市での春季キャンプに侍ジャパン・稲葉篤紀監督(45)が来訪し、次世代の代表候補として期待する若手に2年目の坂倉の名を挙げた。日本代表監督から高評価を受けた若鯉だが、まずは開幕1軍の座をつかむのが大目標。そして将来はチームを代表する選手へ、さらには日の丸戦士へと駆け上がる。

 喜びの思いが、19歳の表情からにじみ出た。広島のキャンプに来訪した侍ジャパン・稲葉監督の口から出てきたのは2年目の若鯉の名前だった。「坂倉選手は非常に打撃もいい。2020年がどうかは分からないけど、これから野球界を背負う捕手になるんじゃないかと思います」。未来の代表入りへ期待を掛けられた坂倉は恐縮しきりに率直な思い、そして代表への強い思いを語った。

 「うれしいというか本当に幸せな気持ちでいっぱいです。(これまで)中、高で選ばれてこなかったですし、代表に縁がなかったので、選ばれたい気持ちは強いです」

 侍の指揮官は昨季からダイヤの原石に目をとめていた。この日の打撃練習は見られなかったが、昨季のウエスタンの試合をテレビで見たり、指揮を執るために訪れたフェニックス・リーグ「広島対日本ハム」(天福)では打撃練習に熱視線を送った。「そんなに大きくないけど、力強い打撃をしている。体の使い方がうまい」と絶賛。その一方で、「捕手として守備をしっかりしてからということになる。どう成長していくか楽しみ」と打てる捕手としての思いを膨らませる。

 坂倉は名前を挙げられたことで、引き締まる感情が自然と湧いた。「まずはチームの代表選手にならないとダメ。僕が1軍で活躍すること、1軍でレギュラーを取ることから始まっていくと思う。名前が挙がったからと言ってぶれることはない」。この先代表に選出されるためにも、段階を経て一歩ずつ成長していく覚悟だ。

 昨季は2軍で打率・298と結果を残し、1軍では3試合で4打数1安打。現在一番の目標は開幕1軍だ。この日のフリー打撃では94スイング中31本の安打性の当たりを放った。長打力アップが課題だが、2本の柵越えを含む長打性の打球を連発。フリー打撃前のロングティーで東出打撃コーチから助言を受け、「体の使い方や間の取り方を教えてもらって、合ってるのかな」と手応えもつかんだ。

 1軍で結果を残し続けた先には、2020年東京五輪などの大舞台が視界に開く。「他国の選手のパワーとかを間近で見たいのもあるし、一番近いものをどんどん目標にしてやっていきたい。まだまだ全てのスキルアップが必要」と力を込めた坂倉。根を深く伸ばし、でっかい花を開かせてみせる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス