文字サイズ

広島・堂林 2年連続で護摩行「今年こそ優勝に貢献できるようチームの輪に入りたい」

護摩行で燃えさかる炎に向き合う新井(左)と堂林(撮影・山口登)
1枚拡大

 広島・堂林翔太内野手が11日、和歌山県伊都郡高野町の高野山清浄心院で、2年連続で護摩行に参加。新井、石原、会沢と約1時間半、炎と向き合った。

 新井の隣で大声を張り上げ「昨年に続いて今年もきつかったです。昨年、護摩行をやらせてもらって結果が残らなかったので、自分にまだまだ足りないと思った」。定位置争いは厳しいが「今年こそ優勝に貢献できるようにチームの輪に入りたい」と力を込めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス