文字サイズ

野村 5回4失点降板 宮崎&乙坂に2死から打たれる

5回、乙坂の打球にグラブを出す野村
3枚

 「セCSファイナルS・第2戦、広島-DeNA」(19日、マツダスタジアム)

 広島先発・野村は5回8安打4失点。相手にリードを許した状況での降板となった。

 悔やまれるのは1点ビハインドで迎えた五回。一死からロペスに右前打。続く筒香を二飛に打ち取るも、宮崎に中堅フェンスをワンバウンドで越えるエンタイトル2ベースを許し、さらに柴田を歩かせ二死満塁のピンチに。ここで代打・乙坂に中前への2点タイムリーを浴びた。

 先制を許したのは三回。2死満塁から宮崎に詰まり気味ながら左前へ落ちる先制2点タイムリーを浴びた。3者凡退に抑えたのは二回のみで、五回の打席で代打を送られた。

 この日の登板に向けて「シーズンと違ったものもあると思う」と話していた野村。ただ、本来の投球を発揮しきれなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス