文字サイズ

松山が先制2ラン「初球から積極的にいきました」

 「広島-阪神」(5日、マツダスタジアム)

 広島は松山竜平外野手の11号2ランで先制した。

 初回、先頭の田中が四球で出塁するなど2死二塁の得点機で松山が打席を迎えた。藤浪の投じた初球、低めの139キロスライダーをフルスイング。完璧に捉えられた打球は右翼席後方へと運ばれた。「初球から積極的にいきました。上手く捉える事ができました」と納得の先制パンチとなった。

 これで鈴木が負傷離脱後、4番に座った7試合全てで安打をマーク。打線の軸として十分に役割を果たしている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス