文字サイズ

広島が逃げ切り2連敗でストップ 4番松山3安打2打点 ヤクルト5連敗

7回、2点二塁打を放ち、ベンチに向かって両手を上げる広島・松山竜平=神宮(撮影・出月俊成)
6回、先制犠飛を放ち、ナインに迎えられる西川(中央)=撮影・出月俊成
2枚2枚

 「ヤクルト2-3広島」(1日、神宮球場)

 広島が逃げ切り、2連敗で止めた。

 0-0の六回、1死二、三塁から西川の右犠飛で先制。七回には2死一、二塁から4番・松山の左中間2点二塁打で加点した。

 2二塁打を含む3安打2打点の4番は「なかなか点が取れないなかでいい仕事ができたと思います。誠也(鈴木)がいなくなって苦しい状況なんですけど、つなぐバッティングができるよう心掛けています」と話した。

 ヤクルトは八回に連続押し出しで2点を返したが、攻めきれず5連敗となった。

 ジョンソンは7回2/3、5安打1失点で6勝目。九回を締めた中崎が3セーブ目を挙げた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス