文字サイズ

広島投手陣 虎狩りローテ再編 17日後半戦開幕!野村→大瀬良→中村祐

 練習を終えて笑顔をみせる(右から)野村、大瀬良。(左は畝投手コーチ)
1枚拡大

 広島が先発ローテーションを再編することが14日、分かった。2位・阪神と対戦する17日からの後半戦開幕カード(甲子園)は、野村祐輔投手(28)、大瀬良大地投手(26)、中村祐太投手(21)という順番での登板が予想される。

 チームに勢いをつけるためにも大事な初戦は野村に託された。前半戦は腰痛で一時、チームを離脱。だが復帰後は安定感ある投球が光る。前回10日のDeNA戦は7回5安打1失点で5勝目をゲット。この日、マツダスタジアムでの投手指名練習後「良いスタートが切れるような投球をしたい」と力を込めた。

 第2戦は中8日で大瀬良が向かう。19日の第3戦は中6日でジョンソンの登板も可能だが、カード初戦の重要性から21日の中日戦(マツダ)に回る見込み。19日は中村祐の登板が濃厚だ。今季は既に3勝している成長株。12日のウエスタン・阪神戦では6回3安打1失点と好投した。

 若い力も含め、チーム一丸となって虎を狩り、リーグ連覇へ突き進む。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス