文字サイズ

マツダスタジアムで鯉戦士や筒香が義援金呼び掛け

被災地支援の義援金をファンに呼びかける(右から)緒方監督、丸、菊池、鈴木、一岡、大瀬良=マツダスタジアム
試合前、九州豪雨被災地支援の義援金をファンに呼びかける(手前右から)広島・新井貴浩、DeNA・今永昇太ら両チームの選手たち=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
試合前、九州豪雨被災地支援の義援金をファンに呼びかけ、タッチを交わす(右から)広島・野村祐輔、薮田和樹ら=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
3枚3枚

 広島選手会が11日、緒方孝市監督やDeNA・筒香嘉智外野手らと、試合開始前のマツダスタジアムで九州北部豪雨による被災地支援として義援金を呼びかけた。50万3161円が集まり、全額が広島市健康福祉局を通じて日本赤十字社に送られる。

 選手会副会長の野村祐輔投手は「たくさんの被害が出ているのをニュースで見た。何かできないか、と思いこの活動をしました。たくさんの方が協力してくださった。1日でも早く、元の生活に戻れるよう、心から応援しています」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス