文字サイズ

ドラ1加藤、オール直球で1回1安打無失点「すごく楽しく投げられた」

2回から登板し、力投する広島・加藤拓也=草薙球場(撮影・北村雅宏)
2回、無失点に抑え、くもったメガネ越しに、広島・桑原樹とタッチを交わす広島・加藤拓也=草薙球場(撮影・北村雅宏)
2枚2枚

  「フレッシュ球宴、全イースタン-全ウエスタン」(13日、静岡草薙球場)

 広島のドラフト1位・加藤(慶大)はウエスタン選抜の2番手で二回から登板した。オール直球勝負で1イニングを1安打無失点。先頭森山は二直、続く佐野に右中間へ二塁打を浴びたが、6番山本は二邪飛、奥村は直球で三振に斬った。課題の制球は無四球、最速は151キロだった。

 降板後の加藤は汗びっしょり。「すごく楽しく投げられました。雨も気にならなかったです」と白い歯をこぼした。イースタンの選手との対戦は新鮮だったようで「知り合いばかりでした」と明かした。後半戦へ向けて、「何とかチームに貢献したい。1軍で戦える実力をつけたいです」と決意を新たにしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス