文字サイズ

広島鈴木、松山が連続適時打 1点差に迫る

6回、適時二塁打を放つ鈴木
1枚拡大

 「ヤクルト-」広島」(9日、神宮球場)

 広島が0-3の3点ビハインドの六回、4本の長短打で2点を返した。

 先頭・菊池の左前打から1死一塁とすると、鈴木が左中間突破の適時二塁打。さらに松山の右前適時打で、もう1点を奪った。

 五回まで由規の前に無得点に封じられていたが、この回途中で由規をマウンドから引きずり降ろした。

 鈴木は「打ったのはスライダー。1点を返せて良かった」。松山は「打ったのはスライダー。意地でも後ろにつなぐ気持ちでいきました」と振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス