文字サイズ

田中 均衡破った執念のV打 緒方監督「よく打ってくれた」

 8回、先制打を放ち、二塁上でガッツポーズを見せる田中(撮影・吉澤敬太)
1枚拡大

 「交流戦、広島1-0オリックス」(13日、三次きんさいスタジアム)

 スタンドを真っ赤に染めた鯉党から大歓声が響き渡った。年に一度の三次開催。広島の打のヒーローは二塁ベース上で両拳を力強く握った田中だ。 

 「薮田がすごくいい投球をして頑張っていた。何としても決める気持ちだった。勝ちをつけられてよかった。石原さんもしびれるところでバントを決めてくれていた」

 0-0で迎えた八回。先頭の会沢が相手の失策で出塁し、代打・石原が犠打でつないで1死二塁。田中に打席が巡った。カウント1-1からの3球目、金子の投じた内寄りのチェンジアップに反応。体をコンパクトに回転させながら捉えた打球は、右翼線に弾んだ。息詰まる投手戦の均衡を破る決勝打。執念と気迫の一打だった。

 金子との対戦は2年ぶり。これまで通算4打数2安打で打率5割だったが、この日は3打席目まで二つの凡打と四球。「前の打席でインコースを突っこまれていた。それが頭に入っていた」。攻め方の傾向を考えながら打席へ入り、最高の形で結果を残した。

 緒方監督は「石原がしびれる場面で送ってくれたから、広輔も集中してよく打ってくれた」と奮闘を称えた。まずは、交流戦単独首位へ。不動の1番打者が一丸野球をけん引する。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス