文字サイズ

広島打線、無死満塁の好機つぶす DeNA・2番手の須田が好投

6回、好機で三併殺に倒れた広島・新井=横浜スタジアム
3枚

 「DeNA-広島」(28日、横浜スタジアム)

 広島が粘りの攻撃をみせた。

 1-7の6点差で迎えた六回だ。先頭の丸が「しっかり自分のスイングができました」と3号ソロを放つと、ここから打線がつながった。

 鈴木、松山の連打で無死一、二塁とするとエルドレッドが中前にポトリと落ちる適時打を放った。「詰まったけど良い所に落ちてくれたよ」。丸の一発後、3連打でさらに1点を返した。

 安部も中前にはじき返し、無死満塁と好機を広げた。

 だが、ウィーランドに代わって登板した須田の前に代打・西川が空振り三振を喫し、続く代打・新井も三ゴロ併殺打に打ち取られた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス