文字サイズ

広島・緒方監督 現役時代通じて初の退場 微妙判定への猛抗議で

6回、ベンチを飛び出し、審判に抗議する広島・緒方監督=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
3枚

 「広島-DeNA」(19日、マツダスタジアム)

 広島の緒方孝市監督が、現役時代を通じて初めての退場処分を受けた。

 0-3の七回2死一、二塁で小窪の当たりは遊撃へのゴロ。小窪は一塁へヘッドスライディングし、その手は送球よりも早く一塁に着いたように見えたが、山路塁審の判定はアウト。

 緒方監督は鬼の形相でベンチを飛び出し、口角泡を飛ばして猛抗議。怒りは収まらず、最後は暴言を吐いたとして、退場を宣告された。

 六回1死でも、遊撃へのゴロを放った田中が微妙な判定でアウトになっており、ここでも緒方監督が山路塁審へ抗議。大きな声で怒鳴り挙げたが、この時は短時間でベンチへと戻っていた。

 マツダスタジアムの広島ファンは大ブーイング。一塁けん制で山路塁審がセーフを判定する度にブーイングの嵐となった。

 なお、緒方監督退場後は、高ヘッドコーチが指揮を執った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス