文字サイズ

重盗で先制点 石原にもタイムリー

 「広島-ヤクルト」(8日、マツダスタジアム)

 広島が、ダブルスチールと石原慶幸捕手の適時打で2点を先制した。

 0-0の二回2死一、三塁。一走・安部が二盗を仕掛け、捕手が二塁に送球する間に三走・新井がスタートを切り本塁へ滑り込んだ。ダブルスチールを成功させ、先制。なおも2死二塁で石原が小川から右前適時打を放ち、2点目を追加した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス