文字サイズ

期待の左腕・塹江、2回4失点と結果出せず 制球に課題残す

 「オープン戦、中日4-1広島」(25日、北谷公園野球場)

 広島の塹江敦哉投手が、2回5安打2四球4失点。制球に課題を残した。

 六回から3番手として登板。先頭の近藤に与えた四球をきっかけに1失点すると、続く七回にも4本の長短打を集められ一挙、3点を失った。

 武器とする直球でストライクが取れず、ボール先行の苦しい投球が続き、甘くなったところを狙い打たれた。左腕は「球がうわついていた。前回の試合が変化球に頼っていたので、今回は真っすぐがテーマだった。置きに行ったらダメという思いが強過ぎて力が入ってしまった。修正していかないといけない」と反省の言葉を並べた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス