文字サイズ

床田はスイーツ男子?パンケーキに「一番良かった」

 「広島春季キャンプ」(6日、日南)

 広島のドラフト1位・加藤拓也投手(慶大)と同3位・床田寛樹投手が、キャンプ最初の休日を利用して日南市を観光した。

 午前に飫肥城を訪問。飫肥付近に伝わる独自の弓術・四半的を体験すると、人力車に揺られ城などを散策。その後、油津商店街に移動し、鯉の形をした絵馬に目標を書き、地鶏やパンケーキを食した。

 加藤は「飫肥城が良かった。歴史や伝統を感じられ、印象に残った」。床田は「いろいろな所を見ることができて楽しかった。でも僕は甘党なので、パンケーキが一番、良かった」と目尻を下げた。

 7日からは第2クールが始まる。5日に雨天中止となったフリー打撃に、2投手は初めて登板する。プロとの初対戦に、加藤は「実戦も入ってくるしアピールしたい。自分の力を出したい」と意気込んだ。床田も「しっかりアピールして、1軍にいられるように頑張りたい」と闘志を燃やした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス