文字サイズ

レギュラー獲りへ『龍馬が食う』 西川が肉体改造!68キロから目標75キロ

 合同自主トレでティー打撃を行う西川
1枚拡大

 広島の西川龍馬内野手(22)が20日、最重量ボディーで2年目の春季キャンプに臨むことを明かした。この日はマツダスタジアムに隣接する室内練習場で自主トレ。1日5食の効果で初めて70キロを超え、73キロに到達した。

 前日の深夜には大洲寮近くの飲食店を訪れ、ラーメンとチャーハンをペロリ。元々は食が細かったが「最近はお腹が減って仕方がない。胃が大きくなったのかな」と笑った。

 昨季の体重は68キロしかなく、細い体が課題だった。同級生の鈴木は身長が異なる(鈴木の方が約5センチ高い)とはいえ、90キロ以上ある。プロでの1年を終え、戦い抜くためには強く大きい体が不可欠と悟った。このオフから筋力トレも本格的に始め、肉体改造に着手。目標値の75キロまであと2キロと増量中だ。

 62試合に出場した昨季。レギュラーを狙う気持ちを持ちながら、今季はまずチームの中での自分の立ち位置を確立させる。「誰かに何かあったときスタメンで出るとか、穴を埋めたい」。天性の打撃に加え、内野ならどこでも守れるの守備力が魅力。チームの隙間を埋め、勝利に貢献していく。

 24日からは先乗り組として日南に入り、厳しい春季キャンプに備える。「攻守で体重を増やした成果を試したい。楽しみですね」。たくましくなった姿で周囲を驚かせてみせる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス