文字サイズ

新井、40歳不惑ボディー作る! 連覇へ日本一へ惑わない

 最強の不惑ボディーで連覇を目指す。広島・新井貴浩内野手(39)が6日、広島市内のトレーニングジム「アスリート」で、自主トレを公開した。今オフは日本シリーズ出場や優勝旅行などの影響で体作りは遅れ気味。だが照準はあくまで勝負の夏場だ。新井に焦りはない。同ジムの平岡代表も40歳最強ボディー完成に太鼓判を押した。(2面にもカープ記事)

 顔を真っ赤にして、歯を食いしばった。過酷なトレーニングに、新井の表情がゆがむ。「ふう、キツイ…」。前方へ足を踏み出して沈み込むランジスクワット(110キロ)を10回×2セット。最後はたまらず、その場にしゃがみ込んだ。

 今オフは優勝旅行などの影響で体作りは遅れ気味だが「焦っても仕方ない。物理的に無理がある。今できることをしっかりやるしかできないので」と割り切っている。キャンプまで約3週間。過去最高という昨年の状態まで「近づいていければいい」と前を向いた。

 ついに不惑シーズンを迎える。今月30日が40歳の誕生日。「40ね、ああ40かオレもって感じ。入団した頃は40歳で現役なんか想像もできなかった。2、3年でクビになると思ってたから。客観的に見てすごいと思う」と実感を込めた。不惑ボディー完成へ道半ばだが、39歳でMVPを獲得したベテランはどこまでも規格外だ。同ジムの平岡代表も冷静に分析して太鼓判を押した。

 「(昨年の状態に)今後、追いついてくると思う。2月1日の状態で善し悪しじゃなくて、シーズン中の状態が大事。40歳にしてはすごくいい状態。飛ばすだけの力は衰えていない。体の状態だけ見れば十分できる」

 あくまで勝負は夏場だ。昨季は疲労のある時期に休養をとらず、体を追い込むことで、調子の波を減らすことに成功。シーズンを乗り切った。悲願のリーグ優勝、通算2000安打を達成しても「心が体を動かしてくれる」とモチベーションは高く保ったままだ。

 過去、ミスター赤ヘル山本浩二氏は40歳で打率・276、27本塁打、78打点をマーク。新井が昨季達成した100打点を、今季40歳でクリアすれば、40代では史上5人目となる。そうした記録が励みになるかと聞かれると、首を強く横に振った。「ならないね。それを目標に頑張ろうとまったくそういう考えにならないから。やっぱり優勝したい。それだけだから。とにかく勝ちたい、優勝したい」。不惑を前にして、心はぶれない。チームのため頂点だけを見据えて戦っていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス