文字サイズ

黒田氏&新井の新春対談【下】黒田さんと野球ができた2年間を忘れないでほしい

 昨季限りで現役を引退した黒田博樹氏(41)と、広島・新井貴浩内野手(39)の夢対談が新春に実現した。カープ愛にあふれる2人の言葉は、昨年の戦いから、数年後のチームへの思いなど多岐にわたった。リーグ連覇、日本一を目指す2017年。去りゆくレジェンドが後輩たちに向け、最後に伝えたかったメッセージとは。【上】【下】2部構成でたっぷりお届けします。

  ◇  ◇

 (【上】から続く)

 -黒田さんは広島に帰ってきて、プライドを全く表に出さなかった。

 新井「そりゃすごいですよね。メジャーでバリバリだった人が帰ってきたんですから」

 黒田「いや、でも僕は正直、簡単だったですね。言い方は悪いですけど、中途半端だと変なプライドを持ってしまうと思う。でも、ある程度いけば、捨てられるものもたくさんある。逆に今年、今年と、1年ずつで勝負していけたんだと思います。中途半端だと変えることを怖がるし、過去の成績にすがってしまう。周りに認めてもらった時点で(プライドを)捨てやすくなったというか。なかなか成績が出なくて年を取った人の方が、プライドを捨てるのが難しい。勝手に周りが判断してくれるもの。結果を残せばそう(よく)見てくれるし、逆に結果を残せない時に変なプライドが出てしまう」

 -新井選手もそう。

 新井「それはやっぱり僕の場合、カープだからでしょうね。たぶん、違う球団に自由契約になって行っても、そうはなってなかったと思います。自分の気持ちが固まった時には『ヨシ、またブーイング浴びようが、罵声を浴びようが、応援してもらえなくてもいい』と。カープに少しでも貢献したい。それで自分は辞めようと思っていたので。そういう気持ちにしてもらえるのはカープしかなかったです」

 -若くていい選手がたくさんいる。一緒に戦った選手について。

 新井「大丈夫だと思いますよ。自分が帰ってきて、外から見ているのと、思った感じじゃなかった。素直でいい子が多い。ただ若いので、どっちにも転べる。寄り道しながらでも、真っすぐ行けばいい。変な方向だけは行かないように。自分が言ってあげないといけない役目がありますね」

 黒田「自分たちのことを言うのはどうかと思いますけど、今までは背中がなかったんですよ。追い掛ける背中というか、見る背中が。何をすればいいか、どうしたら結果が出るのか。特にカープの流れは30代の選手がポーンと抜けてしまって、20代後半がレギュラーで出て、30代後半は石原、新井くらい。その間が全く抜けてしまっている。20代で下から上がってきた子は背中を探してきたと思う。一番大事な時期にその背中を見ることができなかった選手もいる。新井と僕が帰ってきて、少しでも『ああこういうものなんだ』と感じてくれたら、それがすごくうれしい。優勝も当然そうだけど、それ以上に僕たちにとってよかったと思います」

 新井「忘れないでほしいですよね。黒田さんと野球できた2年間を。自慢できることですからね。振り返って、黒田さんと一緒にやって優勝できた、と。誇りに思ってほしいですし。また、今のキク(菊池)、マル(丸)、広輔(田中)の年齢ですよね。投手だともう少し若くなりますけど大地(大瀬良)や猛(今村)。祐輔とか昨年成績を残した選手たちが、少し意識を変えてほしい。自分たちがこれから、強いカープを作っていくんだと」

 (続けて)

 「僕もクロさんに言われたのが、本塁打王を取ったオフに『自分のチームだけ見てたらダメだぞ』と。『外のチームのことも見ないとダメだ』と言われた。『自分だけのことじゃなしに、周りにも目を配れるようにならないと』と。今からの若い選手たちには、自分たちで強いカープを作っていくんだ、と。まだ少し早いかもしれないですけど、僕もクロさんに言われて変わったので。僕は三塁だったので例えば4番・サード、村田。アイツには負けないぞ、と」

 黒田「井の中の蛙(かわず)になってはいけないよな。12球団どこに行こうが、オレはこれだけの力を持っているんだ、と。なにか自信を持って表に出て行けるものを持っていかないといけない。昨年は優勝したからいいですけど、僕らの若いころなんて5位とか、6位だったので。レギュラーで、エースで、4番でっていっても、他のチームからしたら、お前ら5位、6位やんけと言われる。練習ひとつにしてもそう。よそのチームを見だすと、アイツが何しているか分からないとか、ヤバいな、とかいろいろ自分で考えることが増えてくる。それが大事じゃないかな、と思いますよね」

 -黒田さんの抜けた穴はどう埋めるのか。

 新井「それは1人では絶対に埋められない。投手陣だけじゃなく、野手も含めて全体で少しずつ埋めていく。あとは技術的なことは分からないですけど、2年間、黒田さんから学んだこと、姿勢や考え方を絶対に忘れず続けてほしい。やっていけば間違いないので。ベースにして、忘れずやっていくことですね」

 黒田「2年間、やったことを少しでも感じてくれていれば、すごくうれしい。それがいい伝統となって伝わっていけば。優勝したこともよかったけど、伝統が続いていくっていうのが帰ってきてよかったな、ということなので。帰ってきてなかったら、受け継がれてなかったと思うので。自分のこうだ、と思っていた野球観を感じてもらって、次につなげてくれるのなら、それが一番うれしいこと」

 -どうやってチームを見るのか。

 黒田「時差がありますけど、テレビも見られるので。時間がある時は見ると思いますし、もしかすればパフォーマンスシートで見ているかもしれない。旗を振ろうかな、と。25番の旗を(笑)」

 新井「砂かぶり席じゃないんですか?サングラス掛けて(笑)。ネクスト行ったら、おい、おいって」

 黒田「ヤジるよ、絶対(笑)。でも、そうなった時にどうなるか、自分でも楽しみです。僕はアメリカにいた時に、バスケットボールとかアメフットとかを見に行った。球場入った瞬間、スタンドから選手を見る時って、本当に涙が出るくらいだった。それがすごく自分のモチベーション、刺激になっていたので。今後は二度とグラウンドの中に立つことがなくなる。スタンドから見た時にどう思うのか興味はありますね。特にレーカーズでは、コービーが1人だけ輝いているんです。試合始まる前にコートに入ってきた時の声援を聞くとね。そういうの見て、来年も頑張ろうと思ってやってきたので。それがなくなるというのは、後悔するのかも分からない」

 -メールや電話で後輩選手に助言も。

 黒田「僕はコーチではないので。ただ、同じ戦った仲間として手助けできることがあれば、したいと思います」

 -現時点で今年の過ごし方は。

 新井「臨時コーチです!!」

 黒田「いやいや(笑)。マウンド整備しているかも。みんなが練習出てくる前に」

 新井「それ、面白いですね。五回の整備に、みんなに紛れてトンボかけてるんでしょ」

 黒田「気付かないやろうな」

 新井「普通にやってたら気付きますよ。メガネ掛けて帽子かぶってれば気付かないかも」

 黒田「いっぺんやってみようかな。か、ライトでトランペット吹いてるとか。オフの間練習して、(応援団を)仕切ってるかもわからへんし(笑)」

 -黒田さんの5年後、10年後は。

 新井「倉さん?」

 黒田「なんで倉が出てくるねん!!」

 新井「倉さんの5年後、10年後はそのままコーチやっとるよ。40年契約で、まだ28年残ってるんだから」

 黒田「そうはいっても球団が決めることなので。僕がやらせてくださいってできるものでもない。自分がもう一回ユニホームを着て、勝負の世界に戻りたいと思うかもしれないですし。もういいかな、と思うかも。それは分からない。その時のタイミングですからね。もう一度、ユニホームを着るのに魅力を感じなければ、やらないかも分からないですし。現時点では20年間、野球のことしか考えてなかったので。少しゆっくりしたいな、というのがあります」

 -野球に携わるか。

 黒田「携わり方がよく分からないですよね。でも、鈴木さん(球団本部長)とも話をしていると『いつでも来て、教えてあげてくれ』と。タイミングが合えば由宇とか、大野に行きたい。1軍の選手なんて勝負の場なので、教えることなんてほぼないと思う。2軍で苦しんでいる子がいれば、手助けできればいいかなと思います。ただ、僕はコーチじゃないので、そんないいかげんなことはできない。それをしっかり頭に入れつつ。ガッツリいることはできないけど、たまにフラっと来てでよければ、手助けしたいと思いますね」

 -今年の新井選手の目標は。

 新井「もう一回、優勝したいです。初めて優勝して、あんなにたくさん喜んでもらった。優勝っていいもんなんだな、って実感できたので。まずセ・リーグを連覇して、日本一になることができたら最高。個人的な目標はもうないので。『打てるだけ打ちたい』と。3割、100打点とか、タイトルとかは全くない。もう一度優勝したい、日本一になりたい。それだけです」

 -個人目標はない。

 新井「自分が試合に出られなくてもいい、と半分は思っているので。半分はもちろん出たい気持ちがあるけど、出られないってことは、若い子が育っているということなので。堂林であったり、龍馬(西川)であったり。松ちゃん(松山)にしてもそうですね。今から2年後、5年後を考えていったら自分が出て、まして4番を打っているようじゃ、という気持ちも半分思います。でも、半分はプロ野球選手として出たいというのもある。半分半分なので、自分でも面白いですよね」(終わり)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス