文字サイズ

広島、大谷から1イニング2発でリード広げる 4番松山「最高のバッティング」

 「日本シリーズ・第1戦、広島-日本ハム」(22日、マツダスタジアム)

 広島が四回、日本ハム・大谷からの1イニング2本塁打でリードを広げた。4番・松山、6番・エルドレッドがソロを放った。

 1-0で迎えた四回。石井コーチの助言を受け、先頭で松山が打席に入った。カウント2ボールからの3球目、大谷が投じた甘く入った真ん中への155キロ直球を強振。打球はグンと飛距離を伸ばし、右翼席に突き刺さった。

 13年6月18日の交流戦(マツダスタジアム)でも大谷から本塁打を放っており、4番に抜てきされた。起用に応える一発に「速い球に振り負けないように力強いスイングができました。最高のバッティングでした」と振り返った。

 代役4番の一撃に助っ人も応えた。1死走者なしから打席に立ったエルドレッド。カウント1-1からの3球目、外角寄りの150キロ直球をバックスクリーン右に運んだ。「センター中心の打撃を心掛けていきました。良いポイントで打つことができました」と納得の一撃となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス