文字サイズ

菊池が超人的スーパープレー 横っ飛びでのグラブトスで併殺完成

2回ヤクルト1死一塁、西浦の打球をグラブトスで併殺にする二塁手の菊池=神宮球場
2枚

 「ヤクルト-広島」(4日、神宮球場)

 広島の菊池涼介内野手(26)が、超人的なスーパープレーでチームを救った。

 二回、1死一塁で迎えた西浦の一打は、先発のヘーゲンズの足元を襲い、二遊間を抜けるかという当たり。

 それを横っ飛びで好捕すると、倒れ込んだまま、左手首を利かせて二塁ベースに入った遊撃の田中へグラブトス。抜ければ一、三塁になるピンチで併殺を完成させた。

 ピンチを救われたヘーゲンズも首を横に振って、マウンドで驚きを隠さなかった。

 今季は打率3割を超える打撃に加えて、再三の好守や驚異的なプレーでチームを鼓舞。チームリーダーが序盤に守備で流れを呼んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス