文字サイズ

黒田、新井らに広島県民栄誉賞 黒田は「うれしい」新井は「光栄」

 「広島-DeNA」(30日、マツダスタジアム)

 広島県の湯崎英彦知事(50)は30日、記者会見で広島の黒田博樹投手(41)、新井貴浩内野手(39)と、リオ五輪の競泳女子200メートル平泳ぎで金メダルを獲得した金藤理絵(27)に、県民栄誉賞を贈呈すると発表した。いずれも初受賞となる。

 黒田、新井の投打のベテランは、受賞決定に喜びの言葉を口にした。黒田は7月23日の阪神戦(マツダ)で、史上2人目となる日米通算200勝到達。盟友・新井と同時受賞に「うれしいです。まさかこの年齢で2人そろって、受賞できると思っていなかったので」と、感謝を口にした。

 また、新井は4月26日のヤクルト戦(神宮)で、史上47人目の2000安打を達成した。「光栄です。自分でいいのか…という気持ちです」と照れ笑いを浮かべながら、栄誉ある賞に「自分の評価は自分ではできない。まわりの方が評価してくれてのものなので、そういう意味で光栄ですし、うれしいです」と、素直に喜んでいた。

 優勝へのマジックナンバーは「13」。25年ぶりの悲願は目前に迫っている。「チーム状態がいいこともありますし、すごくうれしいですね」と黒田。大きな勲章を手にし、頂点まで黒田、新井がチームを引っ張っていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス