文字サイズ

延長制して鯉M14 菊池決勝打&新井満塁弾など十回一挙7点

延長10回 新井が満塁弾を放ち、ベンチ前でわき上がる菊池(中央)ら広島ナイン=ナゴヤドーム(撮影・高部洋祐)
3枚

 「中日4-11広島」(27日、ナゴヤドーム)

 広島が延長戦を制して、マジックを14に減らした。延長十回2死走者なしから、一挙7点のビッグイニングをつくって、4連勝を飾った。

 広島は4-4の延長十回、2死から2安打と四球で満塁の好機をつくると、菊池が中日の中継ぎ、祖父江から中前適時打を放ち、1点を勝ち越した。続く丸が押し出し四球を選ぶと、新井が左越えに16号満塁本塁打を放ち、ダメを押した。

 2試合連続決勝打の菊池は「2打席目のチャンスで打てなかったので、みんながつくったチャンスを何とかしたかった。覚えてないが、うれしかったです。いつも通り打点を稼いで嬉しく思います」と振り返った。

 マジック対象の巨人がナイターでDeNAに大敗したため、マジックは前日の16から2つ減って14となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス