文字サイズ

広島 新井が通算1000得点、大島康に次ぐスロー達成

6回、鈴木の適時打で生還し通算1000得点を達成した広島・新井=東京ドーム(撮影・堀内翔)
6回広島2死二塁、鈴木誠也の中前適時打で二塁から生還し1000得点を達成した新井貴浩(右下)。捕手小林誠司、投手田口麗斗(左後方)=東京ドーム(撮影・開出牧)
2枚2枚

 「巨人-広島」(25日、東京ドーム)

 広島の新井貴浩内野手(39)がプロ野球史上41人目の通算1000得点を達成した。

 六回、無死一塁で迎えた打席で三ゴロ。懸命な走塁で併殺を免れると、続く鈴木の打席で暴投の間に二塁進塁。二遊間を破る中前打で、一気にホームまで生還した。

 初得点は入団初年度、1999年の4月6日・阪神戦(広島)。39歳6カ月での達成は、史上6番目の高齢。通算2197試合目の出場で、大島康徳の2347試合に次ぐスロー記録となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス