文字サイズ

22年ぶりの10連勝、野村が9勝目

7回、西田を三振に仕留め、ほえる野村
22年ぶりに10連勝し、三次のファンと共に喜ぶ新井(中央)ら広島ナイン
4回広島無死一、三塁、新井貴浩は左前に勝ち越し適時打を放ち、玉木朋孝コーチとタッチを交わす=広島県三次市の三次きんさいスタジアム(撮影・吉澤敬太)
3枚3枚

 「広島3-2ヤクルト」(28日、三次きんさいスタジアム)

 広島がヤクルトに競り勝って、1994年以来22年ぶりの10連勝を決めた。

 先発の野村が山田を3打数無安打に封じるなど、7回4安打2失点の粘投。雄平に先制ソロを浴びながら、気迫の投球で登板5連勝。リーグトップを走る9勝目を挙げた。

 打線は三回、田中の右越え7号ソロで同点に追い付くと、四回にはルナ、鈴木、新井、松山の4連打で2点を勝ち越し。以降はジャクソン、中崎と勝利の方程式が無失点リレーでつないだ。

 チームはこれで、12球団トップとなる25度目の逆転勝利。主催試合では11連勝と勢いは止まらない。

 ヤクルトは連勝が3で止まった。二回、雄平の右越え7号ソロで1点を先制。1-3の六回は大引の右越え4号ソロで1点差としたが、そこまでだった。先発・山中は4回6安打3失点で6敗目(3勝)。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス