文字サイズ

黒田、4日連続の投球練習 変化球確認

キャッチボールで感覚を確かめる黒田
1枚拡大

 頸部(けいぶ)神経根症と右肩痛で8日に出場選手登録を抹消された広島・黒田博樹投手(41)が15日、マツダスタジアムに隣接する室内練習場で調整を行った。

 60メートルのキャッチボールを終えると、捕手を立たせたままバッテリー間の距離で18球。直球、カーブ、スライダー、カットボールをセットポジションから投げ込んだ。4日連続となる投球練習で初めて3種類の変化球の感覚を確認した。

 投球を見守った菊地原3軍投手コーチは「徐々に力を入れて投げられるようになっている」と順調な回復ぶりを感じ取っていた。

 投球練習以外にも、ショートダッシュや肩のトレーニングで汗を流した。最短10日での復帰へ向け、万全な状態を整える。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス