文字サイズ

小窪が勝ち越し打「振り抜きました」

6回、左越えに勝ち越しの2点適時二塁打を放つ小窪=ナゴヤドーム
2枚

 「中日-広島」(14日、ナゴヤドーム)

 広島が2-2で迎えた六回、小窪哲也内野手(31)の左翼線二塁打で勝ち越した。

 2死から死球、四球で一、二塁となったところで打席へ。中日・ジョーダンに対し、フルカウントから6球目、内角高めの140キロ直球を狙った。振り抜いた打球は左翼線で跳ねる。一気に2者が生還して2点を勝ち越した。

 前日13日の同戦では、四回に今季1号の同点2ラン。2試合連続のスタメン出場で、選手会長が結果を残した。「打ったのはストレート。チャンスだったので、積極的に思い切り振り抜きました。いい結果になりました」と振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス