文字サイズ

広島、今季初の同一カード3連勝

 「広島10-7中日」(1日、マツダスタジアム)

 広島が10安打10得点の猛攻で、今季初の同一カード3連勝を決めた。貯金は今季最多の5となった。

 2-6の五回、2死走者なしから、新井、松山が連打で一、二塁。鈴木の左翼への適時二塁打で1点を奪うと、安部が右前への2点適時打で続いて、4連打で1点差に詰め寄った。

 2死一塁から、会沢が中前打で一、三塁。ここでスタメンを外れていたエルドレッドが代打で登場。左中間スタンドへ10号3ランをたたき込んだ。

 六回には丸の6号2ランでリードを広げた。九回は中崎が1点を奪われたが、試合を締めた。

 中日は3連敗。先発ネイラーが4回2/3を投げて8失点と誤算。打線は16安打で7点を奪ったが、失点が多すぎた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス