文字サイズ

野村 ナゴヤのアダはプロ初完投の呉で

 広島・野村祐輔投手(26)が11日、マツダスタジアムでの投手指名練習に参加。12日・中日戦(呉)に先発する右腕は、13年にプロ初完投勝利を挙げた思い出の地で、チームを3連勝に導くことを誓った。

 3年前の5月17日・オリックス戦。6安打1失点で自身初の完投勝利を挙げた。呉で刻まれた記憶は、いまだ鮮明だ。「球場どうこうではないが、いいイメージをもっていける。自分の投球をできればいい」と静かに闘志を燃やす。

 「前回やられている相手なんで、やり返すという気持ちはあります」。今季初登板となった3月29日・中日戦(ナゴヤドーム)では、5回1/34安打3失点で途中降板。リベンジの機会が早くも訪れた。

 チームは2カード連続勝ち越しと勢いに乗っている。「僕の前回の登板もそうですが、粘ることができたら逆転してくれると思う。やるべきことをしっかりやっていきたい」と力を込めた。先制点を奪われながら、以降は踏ん張って今季初勝利をつかんだ5日・ヤクルト戦のように粘り強く投げ抜く覚悟だ。

 この日は、他の先発陣とキャッチボールや外野のポール間ダッシュで調整。「先発として完投する気で投げたい」。今季2勝目を目指し、野村が堂々とマウンドに立つ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス